「iPad」や「MacBook」向け有機ELパネル、中国のBOEも供給に向け準備か

The Elecによると、中国のBOEもAppleの「iPad」や「MacBook」向け有機ELパネルを供給する可能性があることが分かりました。

Appleは2024年に有機ELパネルを採用した「iPad」を投入すると噂されており、これまではSamsung DisplayとLG Displayが同モデル向けの有機ELパネルを供給するとみられてきましたが、中国のBOEも参入に向け生産ラインの建設を計画している模様。

BOEは中国の四川省成都市にある工場に、8.6世代(2250×2600㎜)の有機ELパネル生産ラインを建設することを計画しており、同生産ラインでは2024年に生産を開始する予定で、SamsungやLGと同様に、「iPad」や「MacBook」で使用される有機ELパネルをAppleに供給する準備としてこの生産ラインの建設を計画しているそうです。

2026年以降に有機ELディスプレイを採用した「iMac」が登場?? − 「MacBook Pro」への有機EL採用は2025年頃との情報も 「MacBook Pro」への有機EL採用は早くても2025年以降か 「iPad」への有機ELディスプレイ採用は2024年か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。