折りたたみ式iPhoneの登場は2025年以降か − 全画面の折りたたみ式MacBookも検討中との情報

ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOであるRoss Young氏が、Appleは予てから噂されている折りたたみ式「iPhone」に加え、全画面の折りたたみ式「MacBook」を検討しているようだと報告しています。

折りたたみ式「iPhone」の発売時期について、Ross Young氏は以前に早くても2023年以降になると予測していましたが、最新のレポートでは2025年まで延期される可能性が高いと予測しています。

また、Appleは全画面の折りたたみ式「MacBook」の可能性を探っており、20インチ前後のディスプレイを搭載した折りたたみ式「MacBook」についてサプライヤーと協議しているそうです。

折り曲げた状態では、フルサイズのソフトウェアキーボードを備えたノートPCとして利用でき、完全に開いた状態では、モニターとして外付けキーボードと併用出来るデュアルユースデバイスになる可能性があるとのこと。

なお、この折りたたみ式「MacBook」の発売時期については、2025年以降になる見込みで、2026年や2027年頃になるものと予想されています。

[via MacRumors

2 COMMENTS

匿名

Fold 3のシェア拡大数を見る限り一定の需要はあるだろうね
Appleが20万円台で出せるか分からんけど

返信する
匿名

折り畳みは先行してるfoldが市場を作ってくれる。そこにAppleからの投入でいいと思う。自分はガラケー時代もソニエリのSO902iとかストレートが好きだったので、折り畳みは買わんけどね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。