今度は「iPhone 13 Pro Max」の図面が流出か − 「iPhone 13」シリーズの本体サイズが続々と明らかに

ここ数日で「iPhone 13」シリーズのものとされる3Dレンダリング画像CAD画像が相次いで公開されていますが、今度は「iPhone 13 Pro Max」のものとされる図面が公開されました。

これは著名リーカーのDuanRui氏が、同じく著名リーカーのIce universe氏の協力を得て公開したもので、現行の「iPhone 12 Pro Max」との違いはリアカメラの四角い出っ張りの部分が一回り大きくなっており、本体の厚みが約0.2㎜厚くなっています。

また、リアカメラ部分の出っ張りも約0.9㎜厚くなるようで、これまでに明らかになっている他のモデルの情報(下記エントリ参照)と合わせると、「iPhone 13」シリーズは本体の厚みが約0.2㎜厚くなり、リアカメラの各レンズが大きくなり、四角い出っ張り部分も大きくなる可能性が高そうです。

「iPhone 13 mini」とされるCAD画像が登場 − 2眼カメラは斜めに配置 「iPhone 13」とされる3Dレンダリング画像が登場 − リアカメラの配置が変わる模様 「iPhone 13 Pro」の3Dレンダリング画像が公開される

4 COMMENTS

J

だってカメラくらいしか進化させる場所がないんですよ。どれだけ進化するんでしょうねえ、スマホのカメラも

返信する
匿名

正直カメラはそこまで求めてない
薄く、軽く、電池持ちいいようにしてくれれば

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。