新型「Nintendo Switch」、NVIDIA製の新型チップ搭載でやはりDLSS対応か

任天堂は年内にも新型「Nintendo Switch」を発売する予定と言われていますが、Bloombergが、事情に詳しい関係者の話として、新型「Nintendo Switch」はNVIDIA製の新型チップを採用するようだと報じています。

任天堂が採用するのは深層学習で得たデータを基に画像を処理して効率的に高画質化する「DLSS」技術を搭載した新型チップで、これによりテレビ接続時に4Kでの出力が可能になる他、DLSSに対応した新作ゲームでは高画質化が実現されます。

また、CPUやRAMも増強される見込みとのことで、これまでの情報ではディスプレイはSamsung製の有機ELディスプレイが採用され、ディスプレイサイズは現行モデルの6.2インチより一回り大きい7インチ(1280×720ピクセル)になると言われています。

なお、DLSS対応は以前にも報じられていましたが、その時の情報では”携帯モード”も改良されるとも噂されています。

新型「Nintendo Switch」は年内に発売か − 7インチの有機ELディスプレイ採用で4K出力にも対応 「Nintendo Switch Pro」はNVIDIA DLSSに対応との噂 − 携帯モード改良との情報も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。