Twitter、「TweetDeck」の大規模な刷新に取り組み中 − 今年後半に詳細を発表へ

The Vergeによると、Twitterがカラムデザインが特徴のTwitter公式クライアントアプリ「TweetDeck」の大規模な刷新の取り込んでいることが分かりました。

これはプロダクトチーフのKayvon Beykpour氏がThe Vergeのインタビューに対し明らかにしたもので、同社は「TweetDeck」の大規模な刷新の取り込んでおり、今年後半にはプロジェクトの詳細を公開する予定とのこと。

「TweetDeck」は2009年に登場し、2011年にTwitterに買収されて今に至りますが、ここ数年は大きなアップデートはなく、プロダクトチームも最近は「TweetDeck」にあまり愛情を注いでいなかったことを認めた模様。



刷新の内容は不明

同氏の発言からは新しい「TweetDeck」が年内に正式にリリースされるのか、もしくはプレビュー版の公開のみに留まるのかは不明で、どのような刷新となるのかも明らかにはされていません。

先日には有料化を検討しているとの情報もありましたが、筆者も1ユーザーの為、どのような形になるのか気になるところです。

Twitter、広告への依存度緩和の為に「TweetDeck」の有料化など様々な有料オプションを検討か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。