「iPhone 13」は再設計されたFace IDシステムを搭載し、ノッチは小型化される??

MacRumorsによると、DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋の話として、Appleの次期「iPhone」では画面上部のノッチが小さくなり、再設計されたFace IDシステムを搭載すると報じていることが分かりました。

「iPhone 13」シリーズのノッチについては、これまでも小型化されると報じられており、横幅は変わらないものの、高さが低くなると言われています。

なお、「iPhone 13」シリーズの新しいFace IDカメラモジュールは、Foxconnと韓国のLG Innotekが供給し、フロントカメラモジュールはO-Filmが供給するとのこと。

また、「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」では、より大きなCMOSイメージセンサーが搭載され、解像度が向上するとのことで、「iPhone 13 mini」と「iPhone 13」では「iPhone 12 Pro/Pro Max」に搭載されているイメージセンサーが継承されるとも報じており、それらのイメージセンサーは主にソニーが供給するようです。

「iPhone 13」シリーズ、基本的なデザインは変わらないもののリアカメラやノッチ部分に設計の変更がある模様

「iPhone 13」ではノッチが小型化されるとの情報

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。