Apple、昨年前半にEVスタートアップのCanooと協議していたことが明らかに

先日、Appleが電気自動運転車「Apple Car」の開発協力で韓国の現代自動車と協議しているとの報道がありましたが、本日、The Vergeが、詳しい関係者の話として、Appleは2020年前半に米ロサンゼルスを拠点とするEV(電気自動車)スタートアップのCanoo(カヌー)と協議を行っていたことが分かったと報じています。

Canooは、BMWの元幹部らが立ち上げたEVのスタートアップで、同社のEVはキャビンの下のシャーシにバッテリーと電気ドライブトレインを収容する「スケートボード」アーキテクチャが特徴で、異なる座席やトップハット(ブレーキディスクをホイールハブに備え付ける部分)などを組み合わせてユニークな車両を作ることが可能です。

また、ステアリングホイールと前輪を機械的につなげることなく、ステアリング操作を電気信号に変換して制御出来るステアバイワイヤ技術も採用しており、車両のデザインの柔軟性を高めることが可能になると言われています。

なお、両社は投資から買収までのオプションについて協議したようですが、最終的には決裂したようです。

Canoo – 公式サイト
現代自動車とEVスタートアップのCanooがプラットフォームを共同開発 – TechCrunch
電気自動車スタートアップのCanooが特別目的買収会社経由で株式公開へ – TechCrunch

「Apple Car」の登場は5年以上先か − 韓国の現代自動車と開発協力を協議

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。