【更新】「MagSafe充電器」、15Wのフルパワー充電に必要な電源アダプタの条件が明らかに

Appleが「iPhone 12」シリーズと共に発売した「MagSafe充電器」は、20W以上の電源アダプタを使用することで15Wでのワイヤレス充電が可能と案内されていますが、現時点で15Wのフルパワーでワイヤレス充電が行えるのはApple純正の20W電源アダプタのみであることが分かりました。

これはYouTuberのAaron Zollo氏がテストして明らかになったもので、「iPhone 12 Pro」と「MagSafe充電器」を使って、Apple純正の電源アダプタやサードパーティ製の充電アダプタを利用した場合の実際の出力を測定した結果、Apple純正の20W電源アダプタのみが15Wのフルパワーでの充電に対応していることが分かったそうです。

同氏がテストした充電アダプタとその出力が下記の通りで、サードパーティメーカーはAppleが使用している特定の電源プロファイルを使用して、最適な電力量を提供出来る新しい電源アダプタを発表する必要があるとみられています。

・Apple 20W電源アダプタ:15W
・Apple 18W電源アダプタ:13W
・Apple 96W電源アダプタ(MacBook Pro用):10W
・Anker 30W PowerPort Atom PD 1:7.5W〜10W
・Aukey 65W Power Adapter:8W〜9W
・Pixel 4/5 Charger:7.5W〜9W
・Note 20 Ultra Charger:6W〜7W

また、同氏のテストの結果、「iPhone」の本体温度が上昇すると充電の電力も10W以下になる傾向があることも分かっており、「iPhone」側に分厚いケースを着けている場合などは影響がありそうです。

今後は対応する電源アダプタが増えるものと予想されますが、「MagSafe充電器」を使用する場合は組み合わせる電源アダプタも考えて使用する必要がありそうです。

【追記】
その後、情報元のMacRumorsが記事を更新しており、出力が20W以上で、USB Power Delivery 3.0に対応した充電器であれば15Wのフルパワー充電が可能なようです。

15Wでの充電が可能なサードパーティ製充電器は「Anker PowerPort III Nano 20W」や「AUKEY Omnia Mini」があります。

【追記2】
その後、Appleが公式にサポート文書を公開し、最大15Wでの充電に必要な電源アダプタの仕様などの情報を公開しています。

その情報によると、「MagSafe充電器」で最大15Wでの高速ワイヤレス充電を実現するために必要な電源アダプタはUSB-Cコネクタを採用し、9V/2.22Aまたは9V/2.56A以上の電力供給に対応している必要があります。

また、「iPhone 12 mini」は最大12Wまでとなるようで、最大12Wで充電する場合、少なくとも9V/2.03Aの電源アダプタが必要となり、さらにヘッドホンなどのLightningアクセサリーがLightningポートに接続されている場合は、規制基準に準拠するため7.5Wでの充電に制限されるそうです。

How to use your MagSafe Charger with iPhone 12 models – Apple

[via MacRumors

8 COMMENTS

匿名

Qiがクソすぎるところを尻拭いしたような規格だから多分成功するで
Cポート搭載されるどころか3年もせずにコネクタ消滅する。

返信する
匿名

MacRumorsの記事が更新されてて、その充電器では15Wいけるみたいよ。
要は20W以上でUSB PD 3.0に対応してる必要があるそうな。

返信する
匿名

この形状だと充電が終了したらiPhoneごと持ち上げて両手を使って剥がさないといけないんですね。
だったらケーブルでいいじゃん、と思ってしまいます。

返信する
匿名

更新されたサポート文章では、先にACアダプタをMagSafe充電器に繋いでからiPhoneを載せるという順番が大事と書いてます。
この動画の実験はダメですね。
また、USB PD 3.0という条件もないようです。
https://support.apple.com/en-us/HT211829

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。