「Apple Watch」の心電図機能、国内でもまもなく利用可能に?? − 認証機関を通過

お茶の水循環器内科によると、Appleの「Apple Watch」に搭載されている心電図アプリが医療機器の国内認証を取得したことが分かりました。

承認・認証日は2020年9月4日で、2つのプログラムが認証を取得しており、1つ目は「家庭用心電計プログラム」で心電図アプリとなっており、2つ目は「家庭用心拍数モニタプログラム」で不規則な心拍の通知プログラムとなっています。

今年6月には独立行政法人医薬品医療機器総合機構の「認定・登録外国製造業者リスト」にAppleが登録されており、今回の心電図アプリの認証取得により、心電図アプリが国内でもまもなく利用可能になるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。