「Apple Watch」の心電図機能、日本での解放に向け一歩前進か

Macお宝鑑定団Blogによると、独立行政法人医薬品医療機器総合機構が、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第13条の3の規定に基づく医薬品等外国製造業者の認定・登録番号に関して「認定・登録外国製造業者リスト」を更新し、その中にAppleが認定登録されていることが分かりました。

これは日本で「Apple Watch」のECG(心電図)機能を提供するために認定を受けたものと考えられるとのこと。

実際にECG(心電図)がいつから利用可能になるのかはまだ分かりませんが、そう遠くないうちに日本でもECG(心電図)が使える日が来るのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。