「iMac 27インチ (2020)」、SSDはロジックボードに直付けされている事が明らかに

ドイツのiFun.deによると、先日発売された「iMac 27インチ(2020)」はSSDがロジックボードに半田付けされており、換装することが出来ないことが分かりました。

また、MacRumorsが入手したAppleの技術者向けの内部文書によると、4TBおよび8TBモデルはロジックボードに拡張用コネクタが用意されており、そこにSSDが搭載されているものの、256GB、512GB、1TB、2TBの構成にはその拡張用コネクタは存在せず、半田付けとなっているようです。

また、SSDのロジックボードへの直付けに関してはハードウェア暗号化の為で、ロジックボードとSSDがセットになっており、ロジックボードを交換する場合はデータが全て失われるとも記載されていることから、4TBモデルと8TBモデルでも基本的にはユーザー自身での換装は難しいと考えた方が良いかもしれません。

ただ、「iMac」のSSD換装はかなり大がかりな分解が必要な為、ユーザー自身で行おうと思う人は早々いないと思いますが…。

iMac – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。