米国のApple Store、暴動の影響で一時的に閉鎖

米国ではミネソタ州ミネアポリスで起きた白人警官による黒人市民に対する暴行死事件を発端に、各地で暴動へと発展しており、各地のApple Storeが強奪の被害にあっているのですが、9To5Macによると、Appleが全米の直営店の大半を一時的に閉鎖したことが分かりました。


[via TheApplePost

店舗の閉鎖は今週末の日曜日(6月7日)まで続く予定で、暴動による大きな被害を受けた店舗は無期限の閉鎖となっています。

なお、破壊された店舗からは各種製品の展示機が盗まれていますが、Apple Storeの展示機は盗んでもロックがかかり使えない状態となることが分かっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。