Apple、一部アプリで「このAppの共有は取り消されました」と表示される不具合を修正したことを明らかに

先日、「iOS 13.5」や「iOS 13.4.1」の一部ユーザーからアプリを開こうとすると「このAppの共有は取り消されました。」の警告が表示され、アプリが起動出来ないといった不具合が多数報告され、その後、Appleは当該アプリのアップデートを再リリースすることで回避していましたが、TechCrunchによると、Appleよりこの不具合が修正されたことが正式に確認されました。

同不具合は、YouTube、Twitter、WhatsApp、Facebook、TikTok、LastPass、LINEなどの多くのアプリで、「このAppの共有は取り消されました。」と表示され起動出来なくなるもので、アプリを再インストールすることで修復可能で、Appleもこの問題を回避する為に各アプリのアップデートを再リリースする措置を執っていました。

Appleからこの不具合が修正されたことが正式に確認されたものの、不具合の原因などは明らかにされなかったそうです。

もしまだ問題に遭遇されている場合は、App Storeでアプリをアップデートするか、「設定>一般>iPhoneストレージ」から当該アプリを取り除き、再インストールすることでアプリのデータは保持しつつ修正可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。