Appleの紛失防止タグ「AirTags」はまもなく正式発表か − 誤って公式サポート動画を公開

Appleは紛失防止タグ「AirTags」を準備していると噂されていますが、9To5Macによると、米Appleが公開したサポート動画で未発表の「AirTags」の存在を自ら明らかにしてしまったことが分かりました。

動画は既に削除されていますが、上記スクリーンショットの通り、「Fine My iPhone(iPhoneを探す)」のオフライン検索時の設定項目の下に「AirTags」の文字が記載されており、”オフライン検索ではWi-Fiまたはモバイル通信に接続していない時にこのデバイスと「AirTags」を見つけることが出来ます”と記載されています。

「AirTags」は「探す」アプリを使用することで、物を探すことが出来るようになるとみられており、「AirPods」と同様にiPhoneに近づけることでiCloudアカウントとペアリングでき、ペアリングした「AirTags」がユーザーのiPhoneから離れすぎた時も通知を受け取ることが可能になるようです。

なお、サポート動画で言及されたということは、まもなく正式発表となる可能性が高そうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。