「iOS 14」と「iPadOS 14」ではマウスのサポートを拡充へ

9To5Macが、独自に入手した「iOS 14」のコードを解析した結果、「iOS 14(iPadOS 14)」ではマウスのサポートがより拡充されることが分かりました。

「iOS 14(iPadOS 14)」では、マウスカーソルの機能がMac並みに拡充される見込みで、接続したマウスやトラックパッドに触れないまま数秒放置するとマウスカーソルが自動的に消えるようになり、操作するとまた表示されるようになる他、リンクにカーソルを置いた際に矢印から指のアイコンに変わるなど、カーソルを置いている対象物に応じて複数のアイコンが用意される模様。

また、2本指でタップして右クリックなどのMacのようなジェスチャーのサポートも開発されている他、”タップしてクリック”といったトラックパット用の設定が追加されていることから、先日に情報のあったトラックパッドを搭載した新型「Smart Keyboard」が本当に発売される可能性が高くなりました。

なお、「iOS 14」のコード内には新型「Smart Keyboard」に関する識別子も見つかっているそうです。

Apple、年内にトラックパッドを内蔵したSmart Keyboardを発売か