「iPhone 12」のミリ波5G対応モデルは2020年12月〜2021年1月に遅れて発売か

CNBCによると、SusquehannaのアナリストであるMehdi Hosseini氏が、投資家向けのメモで、Appleは今年9月に最初の5G対応「iPhone」を発売するものの、9月に発売されるのは5GのSub-6GHzのみをサポートしたモデルで、mmWave(ミリ波)をサポートしたモデルは2020年12月から2021年1月にかけて発売されると予測していることが分かりました。

mmWaveをサポートしたモデルの発売が遅れるのは、Appleがサードパーティにサプライヤーに依存するのではなく、独自のアンテナ・イン・パッケージ(AiP)モジュールを採用することを決めたことによるもの。
(AiP=アンテナをICパッケージの上に設置する技術)

5G通信は、大きく分類すると6GHz未満の「Sub-6GHz」と、30GHzなどの高い周波数帯を使うmmWave(ミリ波)の2種類に分けられ、「Sub-6GHz」は現行の4G/3Gと電波特性に大きな差なく、ミリ波はより指向性が強く、より高速な通信が可能なものの、建物の影などに回り込みづらいなどの特徴があります。

なお、Mehdi Hosseini氏は、5G対応の新型「iPhone」のうち1つは液晶ディスプレイを採用するとも予想しています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。