キングジム、スマホ専用「テプラ」を8月20日に発売へ

本日、キングジムが、スマートフォンのアプリから操作ができる、手のひらサイズのラベルプリンター「テプラ」Lite LR30を2019年8月20日(火)より発売すると発表しました。

ラベルプリンター「テプラ」Lite LR30は、「テプラ」で初のスマートフォン専用モデルとなっており、本体とスマートフォンをBluetoothで接続し、iOS/Android用の専用アプリ「TEPRA Lite」を使って簡単にラベルが作成出来ます。

専用アプリ「TEPRA Lite」(8月20日より無料配信予定)では、文字や画像のサイズ・配置を自由に変更できるため、簡単に好みのデザインのラベル編集が可能で、豊富な絵文字や外枠に加え、名前付けや整理整頓に便利なテンプレートを多数搭載している他、自分だけのオリジナル似顔絵の作成や、スマートフォンで撮影した写真をラベルに挿入することも可能となっています。

本体はポケットサイズで、電池駆動のため持ち運ぶことも可能で、本製品の発売と同時に専用テープ(380円)に、新たにホワイト、スモーキーブルー、グレージュ、クリアの4色が追加されます。

なお、本体価格は6,800円(税別)で、本体色はブルーとホワイトの2色展開となっており、既にAmazonでは予約受付が開始されています。

「テプラ」Lite LR30(ホワイト)- Amazon
「テプラ」Lite LR30(ブルー) – Amazon
ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。