「iOS 13」では絵文字キーボードに素早くアクセス可能に − 絵文字キーが言語切替キーから分離

「iOS 13」ではキーボードにも改良が加えられており、英語入力時にスワイプ操作でタイピング出来る「QuickPath Typing(クイックパス タイピング)」が利用可能になっていますが、他にも絵文字キーが言語切替キー(Globeキー/地球儀のようなマークのあるキー)と分離され、別々になっていることが分かりました。


(iOS 13のキーボード)

「iOS 12」までは絵文字を入力する際は、言語切替キーをタップして絵文字キーボードを表示させる必要がありましたが、「iOS 13」では上記画像のように、スペースキーと数字キーとの間に新たに絵文字キーが用意されており、このキーをタップすることでいつでも絵文字キーボードに素早くアクセス可能になっています。

また、これにより、言語切替キーはあくまで各言語のキーボードを切り替えるだけのキーなっています。


(iOS 12のキーボード)

[via MacRumors

スポンサーリンク