「macOS Catalina」の「Sidecar」は2015年以降発売の一部Macでのみ利用可能か

先日発表された「macOS Catalina」には「iPad」を「Mac」の外部ディスプレイとして利用可能になる新機能「Sidecar」が搭載されていますが、同機能をサポートするMacの詳細が明らかになりました。

これを報告しているのはmacOSやiOSのシステムファイルから未発表情報を探して公開している開発者のSteve Troughton-Smith氏で、同氏曰く、「Sidecar」が利用可能なMacは下記の通り。

・iMac 27インチ(Late 2015)以降
・MacBook Pro(2016)以降
・MacBook Air(2018)
・MacBook(Early 2016)以降
・Mac Pro(2019)
・Mac mini(2018)

あくまでAppleの公式発表ではない為、まだ正式にどのようになるのかは分かりませんが、ある程度新しいモデルに限られるようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。