「iOS 13」の更なる詳細が明らかに

Appleは現地時間6月3日より年次世界開発者会議「Worldwide Developers Conference 2019(WWDC19)」を開催しますが、本日、Bloombergが、「WWDC 19」で発表される次期「iOS」こと「iOS 13」に関する情報を報じています。

「iOS 13」のコードネームは「Yukon」と呼ばれており、元々昨年に予定されていた機能を含む、複数のアプリの調整や新機能が含まれているとのことで、詳細は下記の通り。

  • ダークモード搭載(コントロールセンターで素早くオンオフ可能)
  • キーボードは「SwiftKey」のようにキーボードを指でなぞるスワイプ操作での入力が可能になる新しいオプションをテスト中
  • (本機能は実際に搭載されるかどうかはまだ不明)

  • 「ヘルスケア」アプリは日々のアクティビティが分かり易く表示される新しいホームページを搭載。他に「聴覚の健康」セクションの追加や月経周期をより包括的に追跡する機能を搭載
  • Macのサブディスプレイとして利用出来る機能が利用可能に(詳細はこちら
  • 「リマインダー」アプリが刷新され、「今日やるべきタスク」、「すべてのタスク」、「スケジュールされたタスク」、「フラグ付きタスク」の4つのセクションがグリッド状に配置
  • スクリーンタイムの改良。子供が夜間に他の人に連絡出来なくする制限などの追加
  • 「Apple Books」アプリのアップデート
  • 「iMessage」はWhatsAppに似た拡張機能が追加やアニ文字やミー文字を送信する専用メニューの追加など
  • 「友達を探す」アプリと「iPhoneを探す」アプリの統合
  • 「マップ」アプリでは自宅や職場など良く行く場所を設定可能になり、そこに移動することがより簡単に
  • 「メール」アプリの改良。個々のスレッドをミュートしたり、特定の連絡先からの受信メールをブロックしたり、より簡単なフォルダ管理が行えるように
  • 「時計」アプリもアップデートされ、「ベッドタイム」タブが改良され、新しいスリープモードを搭載
  • 「ホーム」アプリは防犯カメラとより統合され、過去の録画を表示可能に
  • 共有シートのインターフェイスの改良
  • iPadでのマルチタスクのインターフェイス改良
  • 「Safari」ではダウンロードマネージャーがテスト中
  • 補聴器のサポートの改良

また、同社はコードネーム「Azul」と呼ばれる「iOS 14」の開発にも既に取り組んでいるようで、「iOS 14」では2020年に発売されるであろう5G対応iPhoneの5G通信と新しいAR機能をサポートすると予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。