「iOS 13」の一部詳細が明らかに?? − ダークモードやiPadのマルチウインドウ対応など

Appleは6月に開催する「WWDC19」で次期iOSこと「iOS 13」を発表するものと予想されますが、本日、9To5Macが、「iOS 13」の開発に精通している人物から得たという、「iOS 13」に関する情報を公開しています。

「iOS 13」ではシステム全体でダークモードが利用可能になり、「Marzipan」を使用して開発されたiPadアプリをダークモードに対応させた場合、Macで動作させた際にもダークモードが自動的に適用される模様。

また、iPadではアプリのマルチウインドウをサポートし、画面の一部に貼り付く仕様であるものの、ドラッグ&ドロップで位置を自由に移動させることができるようで、重ねたり、重ね順を変更したりすること可能で、ウインドウはスワイプ操作で閉じることが可能とのこと。

さらに、iPadではキーボードエリアで3本指を左右にスワイプすることで「元に戻す」と「進む」のジェスチャーが利用可能になる他、iPad版の「Safari」では必要に応じてデスクトップ表示に切り替えるかどうかを確認する機能が追加されたり、「設定」アプリには新たにフォント管理機能が追加されるようです。

「メール」アプリにはメールの自動振り分け機能や「あとで読む」機能が追加され、「リマインダー」アプリはUIが改良され、Macでも利用可能になり、音量調節時のユーザーインターフェイスも刷新される模様で、他にも「Hey Siri」機能の精度向上、印刷時の管理機能の改良なども行われるそうです。

なお、「iOS 13」は例年通りであれば9〜10月頃に正式にリリースされる見込みです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。