5G対応「iPhone」の登場は2020年に − QualcommとSamsungがモデムチップを供給か

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、2020年に発売される次期「iPhone」向けにQualcommとSamsungが5G対応のモデムチップを供給すると予測していることが分かりました。

同氏は2020年に5Gに対応した「iPhone」が発売されるものと予想しており、5G対応のモデムチップをQualcommとSamsungの2社から購入することについては、供給リスクの低減、コスト削減、交渉力の向上のためとみられています。

先日、AppleとQualcommは全ての訴訟を取り下げることで和解しましたが、5G対応モデルの登場は早くても2020年以降となる可能性が高そうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。