Amazon、株式時価総額でMicrosoftを抜き1位に ー Appleは4位に後退

米国企業の株式時価総額ランキングといえば昨年11月にそれまで1位を守ってきたAppleをMicrosoftが抜き、話題になりましたが、現地時間1月7日の株式市場において、今度はAmazonがMicrosoftを抜き1位に踊り出た事が分かりました。

1月7日の時点での株式時価総額は、Amazonは7,970億ドル、Microsoftは7,830億ドルとなり、AmazonがMicrosoftを抜き、米国でもっとも価値のある上場企業になりました。

なお、Appleについては、先日に中国市場でのiPhone販売不振などによる業績予想の下方修正を発表したことが影響し、株価が下がっており、現在の時価総額は約7,000億ドルで、Alphabet(Google)にも抜かれ、4位に下落しています。

[via TechCrunch/Windows Central

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。