Microsoft、株式時価総額でAppleを上回り一時的に1位に

Appleは長らく米国企業の株式時価総額ランキングで1位を保ってきましたが、本日、一時的にではあるものの、Microsoftの株式時価総額がAppleの株式時価総額を上回り、1位に躍り出たことが分かりました。

これはAppleの株価がiPhoneの販売不振に関する報道からここ1ヶ月は下がり続けていることが主な要因で、本日の株式市場において、Microsoftの株式時価総額がAppleを一時的に上回り、1位となりました。

なお、記事投稿時ではAppleが8286.41億円、Microsoftが8172.87億円と、Appleがまた1位となっており、今後は両社に3位のAmazon(7732.21億円)の三つ巴の争いになりそうです。

[via MacRumors

11 COMMENTS

匿名

Windowsの大型アップデートのやらかしは、株価に反映されてないのか…。
謎だな。OS事業部が格下げされているのもなんだかなぁ、と感じるが。

匿名

もうMicrosoftはWindowsの会社じゃないし、そう見られてないって事。

匿名

ちゃんとユーザの声を製品に反映してりゃあ、なあ。

匿名

それは、マイクロソフトもアップルもみな同じだよね。
どこの企業も自社の利益しか考えてないんだから。

匿名

てかもうこれ完全に抜かれるだろう。
今年はどうあがいても落ちていくしかない状態だし。

匿名

MSの方がAppleを抜くほどの要素がない。
そもそもApple超えするのはAmazonだと言われてたんだけどね。急降下してMSを下回るまでは。

匿名

どちらかと言うと低迷しまくってたバルマー時代から
1位を狙えるまでに成長したMSが凄いんだけど
ここぞとばかりに林檎アンチ君が喜んでて草

匿名

AmazonやGoogleよりもMSのほうが高いのか
どこが評価されてんだろ

匿名

ついにトップになったな。
返り咲きもすぐそこか。
まだ油断はできないが。

現在コメントは受け付けておりません。