Apple、徒歩での地図データの収集を開始

昨日、Appleがスバルのインプレッサを用いた新しい地図データ収集車を導入していることをお伝えしましたが、MacRumorsによると、車だけでなく、バックパック型の装置を利用して従業員が歩いて収集していることが確認されました。

この従業員が目撃されたのは米サンフランシスコで、Googleのストリートビューのデータ収集と似たような感じで、背中にカメラやセンサー、GPSなどを搭載したバックパックを背負って歩いています。

Appleは「iOS 12」から一部地域で改良された地図データを導入し始めていますが、今回の徒歩でのデータ収集により、歩行者向けのナビを改善するために使用されるのではないかとみられています。

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク