Microsoft、ファイル消失問題を修正した「Windows 10 October 2018 Update」のアップデート版をInsiderユーザー向けにリリース

本日、Microsoftが、Windows Insider Programにおいて、SlowリングとRelease Previewリングを選択しているユーザーに対し、「Windows 10 build 17763.14」をリリースしています。

先日、「Windows 10 October 2018 Update」にアップデートする際に一部環境下でユーザーファイルが消失してしまう不具合が見つかったことから、同アップデートの配信が停止されていますが、今回リリースされたプレビュービルドではその問題が修正されています。

ファイルが消失する問題の原因は、Known Folder Redirection(KFR)が有効化されている場合に、重複した既知のフォルダを削除するために実装された新しいコードに問題があった為で、同問題に遭遇したユーザーはアップデートしたユーザーの0.01%とごく少数のユーザーだったことも明らかにされています。

なお、Insider Programのユーザーからのフィードバックを得て、問題がないことが確認された後に一般向けに提供が再開される予定です。

Microsoft

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。