「AirPower」の発売は来春以降に?? ー 設計上の問題により発売中止や設計変更の可能性も

Appleのワイヤレス充電マット「AirPower」は2018年内発売と案内されていたものの、先日の「iPhone XS/XR」の発表イベント後にひっそりと公式サイトから姿を消してしまったのですが、リーカーのSonny Dickson氏が、情報筋より得たという、「AirPower」の問題点などに関する情報を公開しています。

「AirPower」には、複数の内部情報筋により確認されている設計上の問題がいくつかあり、1つ目は熱管理の問題で、現在のところ、「AirPower」は発熱が酷く、性能の低下を引き起こすようです。

2つ目は、バグだらけなデバイス間通信、充電速度の問題、充電レベルの全体的な精度の問題などで、置かれた全てのデバイスの充電状況を監視し、Apple WatchとAirPodsの充電データをiPhoneに送信する機能のソフトウェアとハードウェアに問題があるようです。

3つ目は、干渉の問題で、「AirPower」の内部にはiPhone、Apple Watch、AirPodsをどこに置いても充電できるよう様々なサイズの充電用コイルが21〜24個搭載されており、このコイルが干渉し、充電マットの効率を低下させ、発熱の問題にも寄与しているようです。

他にもデバイス内の回路の複雑さも大きな問題を提起しており、現在の設計のままでは克服出来ない可能性があるとのこと。

そして、冒頭で触れたように、「AirPower」は公式サイトから姿を消してしまったのですが、これらのことから同製品がキャンセルされる可能性や、デザインの変更が行われる可能性があるとみられています。

また、発売される場合の発売時期については、「AirPower」のプロジェクトに携わっている関係者は”来春までに発売されそうにない”と述べており、まだまだ先になる可能性が高そうです。

「AirPods」用ワイヤレス充電ケースの発売時期が「発売日未定」に − 「AirPower」も消える

8 COMMENTS

匿名

不具合どこか物すら作れなくなったか……

匿名

発表即発売のジョブズのやり方は正しかったんだな。。

匿名

一応言っておくと、iPhone4もホワイトモデルを発表したはいいがほぼ丸1年出せなかった
ジョブズもそこらへん無計画

匿名

あれは白色のガラスパネルを作るのに手間取ったというより、ジョブズのこだわりが凄かったから。
紫外線による色褪せや耐久性を成立させる為に日本の塗料会社がアップルから突然連絡が来てやり取りしたとか。
サンプルを出してはこうした方が良いのではないかという改善案もだしてくれたらしい。
https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/081900423/?ST=trnmobile

匿名

最近の発表会で Buy Now! が出来ない時点でお察し。カリスマを持ったビジョナリーが不在なのに加えてジョニーに No! が言える人がおらんのやろ。かなりのApple好きと自負してるけど、ここ数年は何一つわくわくしてない気がする。

匿名

iPhone6以降カメラ、アンテナライン妥協筐体を数年こねくり回した挙句ノッチフォンが出てきたから今年は気にせず寝たわ。
Xsの動画やHPを見てノッチを壁紙で隠したい気持ちがあるのだけは理解できたけど
ジョブズの遺作、iPhone4sと4にクソダサ鈍足OSで泥を塗ったあのハゲがAppleが好きとか今だに信じられない。
Macはもうやる気ないんだろうけど、どうせPC市場ごと衰退していくならもうこれ以上手を付けないで欲しい。

匿名

自分もかなりのアップル好きだけど、
確かにここ数年はワクワクはしてないな。
ジョブズの無理をある程度形にするブレイクスルーが良かったけど、ここ最近はそういうのもないしな。
ただ確実にiPhoneに関しては使いやすくなってるのも事実。
ホームボタンは無くしてくれて個人的にはとても正解。
そもそもマルタタスクが無かった初代iPhoneからずっとそのままの設計だから、イチイチダブルクリックするのも面倒だったし。

匿名

野心的な製品なのでなんとか出してほしい。時間かかってもいいから

現在コメントは受け付けておりません。