2018年7月以降は全てのアプリが「iPhone X」のSuper Retina ディスプレイへの対応が必須条件に

本日、Appleが開発者に対し、2018年7月からApp Storeに提出される全てのiOSアプリは、「iOS 11 SDK」を使用して開発したアプリであることが必須条件になることを案内しています。

また同時に、「iPhone X」のSuper Retina ディスプレイをサポートする必要があるとのこと。

Appleは今年4月から新規に申請するアプリのみ上記2つの条件が必須項目になったことを案内していましたが、7月以降は既存のアプリのアップデートの場合でも上記の条件に対応する必要があります。

2018年4月以降、新規のアプリは「iPhone X」のディスプレイへの対応が必須条件に

4 COMMENTS

匿名

ついに非対応現行アプリ達がノッチ対応になるか。デレステとかどう対応するのかな

匿名

こんな変態解像度に付き合わされてつらい

匿名

デザイン業界のイグノーベル賞があったら
絶対真っ先にノッチデザインが受賞する
追従してる他社も頭おかしい

匿名

今年のAndroid勢がノッチばかりなの悲しい。皆切り欠きになったら今まで以上にスマホに特徴も無くなるし。

現在コメントは受け付けておりません。