2018年4月以降、新規のアプリは「iPhone X」のディスプレイへの対応が必須条件に

本日、Appleが、開発者に対し、2018年4月以降にApp Storeの審査に提出する全ての新規アプリは、「iPhone X」のSuper Retinaディスプレイへの対応が必須になることをメールで案内しています。

また、「Xcode 9」以降に含まれている「iOS 11 SDK」で開発する必要があるとのこと。

なお、現在のところ既存のアプリについては特に案内はないものの、いずれSuper Retinaディスプレイへの対応が必須になるものと予想されます。

[via 9To5Mac

5 COMMENTS

匿名

あのクソダサい襟ぐりをシュミレータでもみるのか

匿名

これで当分は切り欠きディスプレイ決定だね

匿名

開発者視点ではなく個人視点だけれど、
自分、当分 Touch ID 式の iPhone でいいや。。

匿名

今回はやけに対応迫るの早いな
それだけXが不発で焦ってるんだろうな

現在コメントは受け付けておりません。