Apple、エントリーレベルの新型「MacBook」を今年6月に発表か ー 13.3インチのRetinaディスプレイを搭載

DigiTimesが、同社の調査会社であるDigiTimes Researchが調査した結果、Appleは2018年第2四半期末(6月頃)にエントリーレベルの新型「MacBook」を発表する予定のようだと報じています。

その新型「MacBook」の価格は既存の「MacBook Air」(98,800円〜)と同程度か少し高くなると予想されており、ディスプレイサイズは13.3インチで、解像度は2560×1600ピクセルのRetinaディスプレイを採用するようです。

DigiTimes ResearchのアナリストであるJim Hsiao氏は、新型「MacBook」の2018年の出荷台数は約400万台に達すると予測しており、ディスプレイパネルを供給するLG Displayは4月より供給を開始し、新型「MacBook」自体の量産は5月末〜6月初旬に開始される予定とのこと。

また、組み立てはQuanta Computerが70%、Foxconn Electronicsは30%の割合で受注しているそうです。

先日、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleは手頃な価格の新型「MacBook Air 13インチ」を発売することを計画しているようだと予測していましたが、恐らく、Ming-Chi Kuo氏が言う新型「MacBook Air 13インチ」と今回の新型「MacBook」は同じ製品のことを指しているものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。