Apple、今年4〜6月に新型「MacBook Air 13インチ」を発売か ー より手頃な価格になるとの予想

9To5Macによると、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleは手頃な価格の新型「MacBook Air 13インチ」を発売することを計画しているようだと予測している事が分かりました。

同氏は、Appleは2018年第2四半期(4〜6月)に新型「MacBook Air 13インチ」をより手頃な価格で投入すると予想しており、現行モデルは999ドル(98,800円)からとなっていますが、新型は更に安くなるものとみられています。

なお、その新型「MacBook Air 13インチ」のスペックなどの詳細は不明で、同氏は他にも、2018年後半に新型「AirPods」が発売されると予想しています。

2 COMMENTS

匿名

そりゃあ出てくれれば嬉しいけど…需要あるかな?
12インチMacBookが出てからもうずいぶんなるし…

匿名

アメリカでは大学の指定PCになってるから、アップルとしてもそう簡単に廃止に出来ないのが実のところ
MBAがなくなったらMBが999ドルになると思う
どっちがいいかは微妙

現在コメントは受け付けておりません。