「iPhone X」でノッチ横のディスプレイの片方だけが真っ黒になる事例が報告される

先日、「iPhone X」のディスプレイに緑色の線が表示される不具合が複数報告されていることをお伝えしましたが、今度は中国からまた新たなディスプレイに関する不具合が報告されている事が分かりました。


「iPhone X」にはディスプレイ上部にノッチと呼ばれるカメラやセンサーを搭載したきり切り欠きがあり、ディスプレイもそれに合わせた特別な形状になっているのですが、今回報告された不具合はディスプレイのノッチ横の部分が片方だけ真っ黒になってしまうというもの。

「iPhone X」を再起動した後にこのようになってしまったそうで、Apple StoreのGenius Barに持ち込んでファームウェアを書き換えても直らず、新品と交換するしか対応策がないとのこと。

一瞬、そういった壁紙を表示させているのでは?と思ったのですが、バッテリー残量などのアイコンも非表示になっていることから、ディスプレイ自体がおかしくなっているものと考えられます。


ただ、現時点で上記以外の報告例はなく、Genius Barのスタッフも初めて見たと述べており、発生率はかなりの低確率と考えられます。


[via MyDrivers

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事