「Windows 10 build 15063」が「Creators Update」のRTMビルドの模様

Softpediaによると、「Windows 10」向けの次期大型アップデート「Windows 10 Creators Update」に対応した「Windows 10 Update Assistant」が流出し、同ツールから先日にプレビュー版として公開された「Windows 10 build 15063」がRTMビルドである事が確認されました。


これまでも「Windows 10 build 15063」がRTMビルドではないかとの予測はあったものの、確たる証拠はありませんでした。

「Windows 10 Update Assistant(Windows 10 更新アシスタント)」は、「Windows 10」を最新バージョンにアップデートする為のツールで、「Windows 10 Creators Update」に対応したバージョンでは“このPCは現在、最新の最も安全なWindows 10のバージョンを実行しておらず、バージョン14393を実行しています。最新バージョンは15063です”と表示されるようになっており、この事から「build 15063」がRTMビルドである可能性が高いとみられています。


なお、「Windows 10 Creators Update」の正式リリースは4月11日と言われています。

 ・Windows 10 Update Assistant


[via Softpedia 1/2

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事