新型「Apple Watch」のディスプレイ部品などを撮影した映像が公開される

MacRumorsによると、iOSデバイス用のApple認定アクセサリや修理部品などを販売しているイギリスのByteというショップが、新型「Apple Watch」のものとされるディスプレイ部品とバッテリーを撮影した映像を公開したことが分かりました。

Apple-Watch-2-parts

(左が新モデル、右が現行モデル)

新型「Apple Watch」用のディスプレイは、液晶裏面に付いている各種部品の厚みが現行モデルよりも若干薄くなっており、内部スペースがより広く利用出来るようになっています。

また、バッテリーは先日に写真が流出したものと同じで、容量は現行モデルの246mAhよりも大きい334mAhとなっており、これら部品は42㎜モデルのもののようです。

これらの部品が本当に新型「Apple Watch」のものであるという確証はないものの、もし本物であれば、新型「Apple Watch」は外観デザインに大きな変更はないものの、内部設計には様々な変更が加えられていることが分かります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。