次期Apple Watchのバッテリーの写真が流出か - 容量は約36%アップ?

早ければ今秋にも次期「Apple Watch」が発売されるとも言われていますが、本日、中国のWeiboにて、次期「Apple Watch」のものとされるバッテリーの写真が投稿されています。

(画像左が次期モデル用、右が現行モデル用)


公開されているのは次期「Apple Watch」の42ミリモデルのバッテリーとされる写真で、容量は現行モデルの246mAhよりも多い334mAhとなっており、これが本物であれば約36%ほど容量が増加することになります。

次期「Apple Watch」にはGPSが内蔵されると噂されており、バッテリーの容量がアップしてもバッテリー駆動時間が容量に比例して向上するかどうかは分かりません。

また、バッテリー以外の情報としては、外観のデザインは現行モデルから大きな変化はなく、より強力なプロセッサとより多くのセンサーが搭載されると述べています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事