「iPhone 7」シリーズでは4.7インチモデルにも光学式手ぶれ補正を搭載か

昨日、シティグループ証券の調査部であるCiti Researchが、今秋に発売される「iPhone 7 Plus」にはデュアルレンズカメラが搭載され、その仕様は1,200万画素のイメージセンサーが2基搭載されるようだと報告している事をお伝えしましたが、野村證券もCiti Researchと同様に、デュアルレンズカメラは5.5インチの「iPhone 7 Plus」でのみ採用されるだろうと報告している事が分かりました。

11138-3814-141118-iPhone-Dual-Camera-l

Citi Researchのレポートでは、イメージセンサーはソニーが供給するとのことでしたが、野村證券のChris Chang氏は、ソニーは熊本地震の影響で生産が遅れるものとみられている事から、LG Innotekがデュアルカメラモジュールの大半を受注するのではないかと予想しています。

また、野村證券は、現在は「iPhone 6s Plus」のみに搭載されている光学式手ぶれ補正機能が、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の両モデルに搭載されるものと予測しています。

[via Barron’s Asia, MacRumors

7 COMMENTS

匿名

画面大きいのがハイエンド機!という位置づけを改めよう
大きい方が物理的にハードウェアの収納スペースがあるというのは仕方ないにしてもね

匿名

同意
こういう糞みたいな差別化は凋落の証だね

匿名

同一スペックの場合に、コスト的には4インチが一番高くなるはず
デカイの買わせたいんだろ

匿名

小さい方が安くないと消費者心理にそぐわない
同一スペックで同一価格または少ない差額にしたらそれはそれで文句が出ると思われ

匿名

Appleはもっと粗利を抑えたモデルを出したり、同業者つぶしの特許ではなくユーザーの手に渡る特許を出して売れる企業になるべき。

現在コメントは受け付けておりません。