アスキー、各メーカーを擬人化しスマホ業界事情を忠実に描いたコミック『花のアンドロイド学園 Vol.1』を6月27日に発売へ

株式会社アスキー・メディアワークスが、アンドロイド端末メーカーを擬人化した世界初のコミック『花のアンドロイド学園 Vol.1』を6月27日(木)に発売する事を案内しています。


「花のアンドロイド学園」は、サムスンやソニーモバイル、シャープなど端末メーカーを擬人化したキャラクターが登場し、互い切磋琢磨し合いながらゆかいな学園生活を繰り広げており、ドコモ・au・ソフトバンクなどの各キャリアは“部活”として描かれ、通信速度や“つながりやすさ”を日々鍛錬したり、新端末の“洋服”を作って披露する各シーズン恒例のファッションショーが開催されるなど、スマホ業界事情が忠実に描かれた世界初のコミックとなっています。


もちろんライバルである「iPhone」や「BlackBerry」なども登場し、現在もパソコン雑誌『週刊アスキー』や『マックピープル』、ウェブサイト『週アスPLUS』で連載中です。

なお、価格は998円(税込み)で、Amazonでは予約受付が開始されており、登場キャラの設定資料なども公開されているので、是非どうぞ。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事