「WWDC」の歴史:バナー写真や発表内容など

「WWDC 2013」の開幕まで残り僅かとなりましたが、本日、Cult of Macが、2002年から2012年までの「WWDC」の会場に掲げられたバナーの写真をまとめて公開しています。

下記のバナー画像は「WWDC 2002」のもので、この年は「Mac OS X 10.2 Jaguar」や「QuickTime 6」が発表されており、歴代のバナー画像はCult of Macへどうぞ。

また、過去の「WWDC」での発表内容と来場者及びチケットの販売状況を簡単にまとめたものが下記の表となりますので、参考にどうぞ。

個人的には「iOS 7」と「次期MacBook Air」の発表に期待していますが、予想外の発表内容に期待したいところです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。