台湾Quanta Storage、「MacBook」シリーズ用SSDの9割を受注

EMSOneによると、台湾のQuanta Computer傘下のQuanta Storageが、SanDiskからAppleの「MacBook」シリーズ向けSSDの生産を受注したようです。

これによりQuanta Storageは、「MacBook」シリーズ向けSSDについて、9割の供給を独占することになるとのこと。

Appleは今年初め頃より「MacBook Pro」シリーズにSanDisk製のフラッシュストレージを採用し始めており、現在、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」シリーズにはSamsung製とSanDisk製のフラッシュストレージが搭載されている事が確認されています。
(以前はSamsung製と東芝製でした)

【関連エントリ】
 ・Apple、NAND型フラッシュメモリの調達先をSamsungから東芝、Hynix、SanDiskへシフト
 ・「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチ」に搭載されているSamsung製SSDとSanDisk製SSDの比較ベンチマーク
 ・Apple、「MacBook Pro」シリーズにSanDisk製SSDを採用開始

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。