Apple、「MacBook Pro」シリーズにSanDisk製SSDを採用開始

Anandtechによると、AppleがMacBook ProシリーズにSanDisk製のSSDを採用し始めた事が分かったそうです。

MacBook ProシリーズのSSDと言えばこれまではSamsungか東芝で、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルに関してはSamsung製のみを採用していましたが、2012年後半あたりから一部のMacBook Pro RetinaディスプレイモデルでSanDisk製のSSDを採用し始めた事が分かったそうです。

(image source:Artagra氏)

MacBook Proに搭載されているSanDisk製SSDは同社の「X100 mSATA SSD」のカスタム版となっており、コントローラーは「Crucial m4」や「Intel SSD 510」、「Plextor M5S」などでも使用されているMarvellの「88SS9174」を使用しているとのこと。

Anandtechでは、コントローラーや市販モデルとカスタムモデルなどの違いがありますが、X100の市販モデルとSamsung SSD 830との比較ベンチマークテストの結果も掲載しておりますので、参考までに是非どうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事