「Nike FuelBand」の初期プロトタイプのデザインなどが明らかに

先日、ソフトバンクがiPhoneやiPadと連携可能な活動量計「fitbit」の販売を開始し、今年は様々なウェアラブルデバイスが出て来そうな予感がしますが、GIZMODOによると、去年に米国で発売されたNikeの人気ウェアラブルデバイス「FuelBand」の初期プロトタイプのデザインやその開発秘話が明らかになったそうです。


下記画像は「FuelBand」の初期プロトタイプのデザインの一つだそうで、製品版とは全く異なるデザインとなっており、ベルクロを採用したブレスレットとなっています。

(image source:Fast Company)

「FuelBand」の開発は2010年から開始され、電子ペーパーを採用したプロトタイプなど、何百ものプロトタイプが存在したようで、製品名も当初は「Nike Power」や「Game Fuel」や「Power Fuel」といった名称が検討されていた模様。

最終的には現在の製品版のデザインに落ち着いたようですが、既に薄型化された次期FuelBandの開発も進められているとの情報もあり、次期モデルがどんなデザインになるのか気になるところです。

【関連エントリ】
 ・Nike、より薄型化した次期「FuelBand」をテスト中

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事