「iPhone 5」でイヤフォンジャックが下部に移動されたのはプロジェクタを搭載する為??

「iPhone 5」ではイヤフォンジャックが本体上面から本体下面へと移動されましたが、Patently Appleが、イヤフォンジャックを本体下面を移動させたのはプロジェクターを追加する為ではないかと予想しています。


これは、シャープが先週にヘッド・アップ・ディスプレイや小型プロジェクターなどのディスプレイ用途向けのディスプレイ光源用640nm帯域の赤色半導体レーザを開発した事を発表した事や、Appleが既にプロジェクタに関する特許を申請している事などからの予想となっているようです。


あくまで予想ですが、シャープの赤色半導体レーザは2013年3月末に量産開始とのことで、将来的にスマートフォンにはプロジェクターが標準搭載とかいう時期が来るのでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事