次期「iPhone」の有機EL搭載モデル、3Dセンシング機能を備えた画期的なフロントカメラを搭載か

MacRumorsによると、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、次期「iPhone」シリーズの有機ELディスプレイを搭載したモデルは、3Dセンシング機能を備えた画期的なフロントカメラシステムを搭載するようだと報告している事が分かりました。



そのフロントカメラシステムには、Appleが2013年に買収したPrimeSense社の3Dモーション検出技術が採用されているとのこと。

また、既存のフロントカメラモジュールに加え、赤外線送信モジュールと赤外線受信モジュールを加えた3つのモジュールで構成されており、それにより、顔認識や虹彩認識、立体的な自撮り写真が撮影可能になるそうです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で