次期「iPhone」はステンレス製フレームを採用した新しいデザインに??

VMware Fusion 8.5

DigiTimesが、Appleの次期「iPhone」はステンレス製の新しいシャーシフレームを採用し、その加工には従来のCNCマシニング加工(コンピューターの数値制御による機械加工)ではなく、ステンレス鍛造プロセスを採用する予定のようだと報じています。

iphone4powerbutton
次期「iPhone」は従来のアルミ製バックカバーのデザインをやめ、「iPhone 4」シリーズのようにステンレス製の中間フレームと2枚の強化ガラスから構成される新しいデザインを採用し、金属ベゼルはステンレス鋼の鍛造によって製造されるとのこと。

「iPhone 4」のステンレス製中間フレームはFoxconnと米Jabilが供給していましたが、次期「iPhone」向けのステンレスフレームも両社が供給するようです。

なお、鍛造方法のコストは、現在のユニボディCNCマシニング加工よりも30〜50%安く、品質管理もより安定しているそうです。

ガラス製筐体の採用については否定する情報もあり、春以降に部品が流出してくるまで、どちらが本当なのかは分かりません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で