「MacBook Air (Early 2014)」のフラッシュストレージのパフォーマンス、やはり前モデルより悪い模様

先日、Macworldが、「MacBook Air (Early 2014)」のフラッシュストレージのパフォーマンス比較テストを行った結果を公開し、前モデルである「MacBook Air (Mid 2013)」よりもパフォーマンスが悪い結果だったのですが、本日、Mac4Everも同様のテストを行った結果を公開しています。
macbookair2014mid まず、SSDはフラッシュメモリの容量が大きければ大きいほどデータの転送速度が速くなると言われており、先日にMacworldが行ったテストでは比較するモデルのフラッシュストレージの容量が128GBと256GBと異なっていた為、今回のMac4Everのテストでは256GBモデル同士での比較が行われています。

その結果が下記の通りで、13インチモデルは同じ256GB搭載モデルでも2014年モデルの方が少し遅い結果となっています。
(下記グラフ:左が読み込み速度、右が書き込み速度)
9385_macbook-air-la-fin-des-ssd-samsung-quelques-benchs-de-notre-modele-2014 また次にランダム書き込み速度の測定結果をグラフ化したものが下記画像で、2014年モデル(黄色のライン)のパフォーマンスがかなり悪い事が分かります。
9387_macbook-air-nos-tests-confirment-la-baisse-de-performances-des-ssd 2013年モデルのフラッシュストレージは、128GBと256GBモデルはSanDisk製とSamsung製の2通り、512GBモデルはSamsung製が搭載されていた事が確認されており、2014年モデルについては現在のところSanDisk製しか確認されておらず、2013年モデルではSamsung製の方がSanDisk製よりもパフォーマンスが良かった事から、2014年モデルではSanDisk製のフラッシュメモリが採用されている事がパフォーマンス低下の原因と予想されます。

関連エントリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200