「iOS 7.1」でのアプリクラッシュ率は「iOS 7.0」や「iOS 6.x」よりも下回っている事が判明

VMware Fusion 8.5

スマートフォンアプリのクラッシュログ解析サービスを提供するCrittercismの調査結果によると、「iOS 7.1」でのアプリのクラッシュ率は1.6%と、「iOS 7.0」や「iOS 6.x」よりも低い数値となっている事が分かりました。
ios7icon2 「iOS 7.0」でのアプリクラッシュ率は2.1%で、「iOS 6.x」でのクラッシュ率の数値は明らかにされていないものの、「iOS 7.0」よりも更に高かったそうです。

[via Re/code

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で