【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

Insta360が昨年に発売したスマートフォン用ジンバル「Insta360 Flow」の後継・上位モデルとなる「Insta360 Flow Pro」を発表・発売しました。その「Insta360 Flow Pro」を提供頂いたので紹介します。

昨年3月に発売された「Insta360 Flow」は同社初のスマホ用ジンバルで、3軸手ブレ補正によるプロレベルの手ブレ補正を実現し、スマホで手ブレの少ない滑らかな動画撮影などが可能で、AIによる追跡技術「ディープトラック 3.0」を搭載しているのが特徴でした。

「Insta360 Flow Pro」は「Insta360 Flow」のデザインと機能はそのままに更なる新機能を加えたモデルで、「ワンタップペアリング」「Apple DockKit対応」「トラッキングリングライト」「360度無限パントラッキング」といった新機能を搭載しています。

目次

本体と同梱品

同梱品は、「Insta360 Flow Pro」本体の他、収納ケース、磁気スマートフォンクランプ、ラバーグリップ、充電ケーブル、保証書、クイックガイド。収納ケースにまとめて収納しておけるので、持ち運び時にも便利。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

本体外観

「Insta360 Flow」と同様に折り畳んで小型化出来るのが特徴で、折り畳むと長方形になるようにデザインされています。折り畳んだ際の面積は「iPhone 15 Pro」より一回り大きいサイズ。本体カラーは「Insta360 Flow」はサミット・ホワイトとストーングレイの2色展開でしたが、「Insta360 Flow Pro」はストーングレイの1色展開となっています。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

折り畳んでいる状態から完全展開まではアームの部分とグリップの部分をひねるように回転させるだけの1工程で完了し、展開すると自動で電源が入る仕組みなのに加え、一度連携させてあればスマホにはアプリの起動を促す通知が表示されるようになっており、素早く撮影したい時に便利な設計で、逆に折り畳むと自動で電源がオフに。

「Insta360 Flow」からデザインに大きな変更はない為、アーム部分がスケルトンで内部の基盤やチップが見えるデザインが引き続き採用されており、このアーム部分には「カスタムインサート」を挿入可能で、このカスタムインサートは公式ストアで1,500円で購入でき、用意されたデザインを購入する他、テキスト、アイコン、画像ファイルを指定したり、AI画像を生成して、オリジナルデザインを作成することも可能。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

「カスタムインサート」を入れる部分のさらに下にはコールドシューが用意されており、蓋を開けてマイクなどを取り付けることが可能。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

本体の充電はスマートホイール横にあるUSB-Cポートから行う仕組みで、バッテリー駆動時間は「Insta360 Flow」は12時間だったのに対し、「Insta360 Flow Pro」は10時間と少し減っています。本体重量は「Insta360 Flow」が約369gなのに対して「Insta360 Flow Pro」は約366gと僅かに軽くなっており、新機能を搭載したにも関わらず、軽量化されたことから、バッテリーが少し小型のものに変更されたのかもしれません。

USB-Cポートは上部のジンバル部分にも用意されており、こちらはスマホへの充電やスポットライトへの給電に使用可能です。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

本体下部には三脚も内蔵されており、別途三脚を用意する必要がなく、各脚には小さな滑り留めのゴムが付いているものの、あくまで補助レベルとなっており、スマホを装着すると若干不安定になるので、風がある時などの外での使用時は注意が必要です。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

本体下部には別途三脚を装着する為の穴も用意されています。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

自撮り棒も内蔵しており、アーム部分を最大約22センチ伸ばすことが可能で、自撮りや撮影アングルを高くしたり低くしたりすることが可能。ただ、「Insta360 Flow」から変わらずアームを伸ばすのには結構な力が必要。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

スマホの取り付けはマグネット式の磁気スマートフォンクランプを使う形で、強力な磁力で固定するので撮影中に落ちる心配はありませんでした。

直線的な本体デザインなので、撮影時にはアームを少しだけ伸ばし、45度ほどの角度をつけることで撮影し易い角度になります。また、「Insta360 Flow」と同じく、三脚部分を伸ばすことで持ちやすさが改善する他、付属のラバークリップを装着することでも持ちやすさ、操作し易さは改善します。

操作はグリップ前面のスマートホイールとジョイスティックに加え、グリップ後部に搭載されたトリガーボタンを用いて行う仕組みで、スマートホイールではスマートホイールの外周をスクロールして、スムーズにズームイン・ズームアウトすることが出来る他、スワイプ操作でモードを素早く切り替えたり、スマホを縦向きと横向きに回転させたりすることが可能。

トリガーボタンは1回押すとディープトラック3.0、2回押すとジンバルの再センタリング、3回押すとジンバルが前後で反転してスマホのメインカメラで自撮り撮影が可能になり、引き続き、使いこなすにはそれなりの慣れが必要です。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

Flow Proの新機能

ワンタップペアリング

「Insta360 Flow Pro」は新たにアームの付け根部分あたりにNFCが内蔵されており、電源を入れた「Insta360 Flow Pro」にロックを解除したスマホを近づけて数秒置くだけで自動で認識されます。その後、スマホの画面にポップアップウィンドウが表示されるので、「接続」ボタンをタップするとペアリングが完了する仕組み。

なお、従来通りのスマホのBluetooth設定からのペアリングや「Insta360」アプリを介してのペアリングも可能です。

Apple DockKit対応

「Insta360 Flow Pro」はApple独自の画像認識による被写体自動追跡である”Apple DockKit”に対応しており、iPhoneユーザーであればiPhoneのカメラとDockKitの高度な人物追跡アルゴリズムを活用することで、自動で被写体の動きを捉え続けてくれます。

実際にその様子を撮影したものが下記動画。

ただ、Apple DockKitでの追跡は遅い動きには有効なものの、被写体の動きが早い場合の追跡や被写体が一度隠れてしまった後の再認識は不得意で、そういう状況では「Insta360」アプリを使ったAIディープトラック3.0を使った方が追跡が早く、Apple DockKitでの追跡はWebカメラとしての利用時など室内での利用に向いています。

360度無限パントラッキング

「Insta360 Flow」はパン(水平方向)の可動範囲は−230度〜100度までで、水平方向で追い切れない角度がありましたが、「Insta360 Flow Pro」は360度の無限パントラッキングに対応しており、自動追跡時などに被写体が左右360度動いても常時追跡が可能となっています。

実際にその様子を撮影したものが下記動画で、三脚などで立てた状態で360度動きのある被写体を撮影する際などに便利。ただ、あまり早い動きにはついていけないので撮影する被写体やシーンは限られてくるかもしれません。(BMXのフリースタイルの”フラットランド”とかを中心に置いて撮影するには良いかも?)

トラッキングライト

トラッキングライトは「Insta360 Flow Pro」がスマホに接続された際にアーム付け根部分が緑色に光って知らせてくれるもので、アクティブに被写体を追跡している際はトラッキングライトが点滅するなど、状況も分かるようになっています。

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

なお、トラッキングライトはデフォルトで有効になっていますが、設定からオフにすることも可能です。

その他

【レビュー】Insta360のAI追跡搭載ジンバルの最新モデル『Insta360 Flow Pro』が登場 ー Apple DockKit対応や360度無限パントラッキングに対応

周りに動物がいなかったので撮影する機会がなかったものの、「Insta360 Flow Pro」は追跡精度が向上しており、人や物だけでなく、猫、犬、馬といった多様な動物を簡単に追跡出来るようになっています。

また、MagSafeを搭載したiPhoneやQi2対応のスマホ、MagSafe搭載スマホケースなどを磁石の力だけで装着するための「磁気スマートフォンマウント」が新たに別売りで用意されています。ただ、あくまで磁石の力で取り付ける為、高速移動や高強度の状況では同梱されている「磁気スマートフォンクランプ」の使用が推奨されています。

他にも、今回は紹介出来ていないものの、「Insta360 Flow」と同じく360度パノラマ写真やタイムシフト(ハイパーラプス)、モーションタイプラプスなどの撮影も可能で、「Insta360」アプリのAI編集や自動編集を用いることで簡単に格好良いビデオクリップを作成することが出来ます。

Flow ProとFlowの比較

Flow ProFlow
ワンタップペアリング
Apple DockKit対応
トラッキングリングライト
360度無限パントラッキング
動物の追跡
(動作向上)
AI駆動ディープトラック3.0
AI搭載のモバイル編集
重さジンバル:約366g
磁気クランプ:約32g
ジンバル:約369g
磁気クランプ:約32g
3軸手ブレ補正
三脚と自撮り棒内蔵
駆動時間10時間12時間
可動域パン:360度
ロール:-150度〜180度
チルト:-100度〜82度
パン:-230度〜100度
ロール:-150度〜180度
チルト:-100度〜82度
ストーングレーストーングレー
サミット・ホワイト

価格

「Insta360 Flow Pro」の価格は19,800円(税込)で、「Insta360 Flow」の価格が20,900円だったことから、機能向上したものの、実質的に値下げされたことになります。「Insta360 Flow」については公式ストアでは単体モデルは購入出来なくなっており、クリエイターキットなどのみ引き続き販売されています。

なお、当ブログを通じて公式ストアでを購入すると「Insta360 Flow」および「Insta360 Flow Pro」に装着出来る小型ライトの「Insta360 Flow スポットライト」(3,730円)が無料で貰えるキャンペーンも実施中なので、この機会に是非どうぞ。
(限定特典の為、在庫がなくなり次第終了)

Insta360
¥19,200 (2024/07/07 21:48時点 | Amazon調べ)


googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次