Apple、次期「Apple Watch SE」を開発中 ー プラスチック製ボディの採用も検討か

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Apple、次期「Apple Watch SE」を開発中 ー プラスチック製ボディの採用も検討か
画像は現行のApple Watch SE

BloombergのMark Gurman氏が毎週日曜恒例のニュースレター「Power On」の最新号において、Appleの次期Apple Watch SEに関する最新情報を報告しています。

Appleは「Apple Watch SE」の新モデルの開発にも取り組んでいるとのことで、同社がテストしたアイデアの1つはアルミニウムのシャシーを硬質プラスチックに置き換えるというものだそうです。

これにより、Samsungの最も安価なスマートウォッチである199ドルの「Galaxy Watch FE」に対抗出来るようなコストダウンを目指しているのではないかとみられています。

ただ、この次期「Apple Watch SE」がいつ頃に投入されるのかは触れられていません。ちなみに、現行モデルは2022年に投入されました。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次