「iPhone 15 Pro Max」の新たなCAD画像 ー より詳細な情報が明らかに

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
「iPhone 15 Pro Max」の新たなCAD画像 ー より詳細な情報が明らかに

過去に複数の実績がある著名リーカーのShrimpApplePro氏が、Appleが今秋に発売する「iPhone 15」シリーズの最上位モデルである「iPhone 15 Pro Max」の最新のCADレンダリング画像を公開しています。

この画像はケースメーカーから入手した物で、「iPhone 15 Pro Max」のCAD画像は既にリーカーのIce universe氏によって公開済みですが、両氏が公開している本体サイズには若干のズレがあり、ShrimpApplePro氏は自身が公開している情報には自信があるとのこと。(昨年もShrimpApplePro氏の情報が正確だった)

「iPhone 15 Pro Max」の新たなCAD画像 ー より詳細な情報が明らかに
本体左側面
「iPhone 15 Pro Max」の新たなCAD画像 ー より詳細な情報が明らかに
本体下部

デザインに関してはこれまでにリークされている情報通り、側面のボタンが感圧タッチ式になっており、音量調節ボタンについては上下一体型となります。感圧タッチ式になるものの、通常のボタンのように少し出っ張っている他、表面には導電性パッドのようなものが搭載され、これはジェスチャーや触感を受け取るためのものとみられています。

「iPhone 15 Pro Max」の新たなCAD画像 ー より詳細な情報が明らかに
ボタン部分の断面図

本体サイズの詳細

本体の厚みは「iPhone 14 Pro Max」よりも厚くなるものの、リアカメラ部分の出っ張りを含めた厚さは僅かに薄くなり、リアカメラ部分の出っ張りが少し抑えられた設計になります。リアカメラ部分の詳細については、台座部分は「iPhone 14 Pro Max」よりも薄くなるものの、レンズがより出っ張る形となります。

ディスプレイ上部のダイナミックアイランドのサイズは「iPhone 14 Pro Max」ど同じで、ディスプレイ上部の受話スピーカー部分はより薄く、より洗練されたものになるとのこと。

iPhone 15 Pro MaxiPhonoe 14 Pro Max
高さ159.86㎜160.71㎜
横幅77.58㎜77.58㎜
厚さ8.25㎜7.85㎜
厚さ
(カメラ部分込み)
12.02㎜12.03㎜
カメラ部分の出っ張り3.78㎜4.18㎜
レンズの出っ張り2.05㎜1.85㎜
台座の出っ張り1.73㎜2.33㎜
LEDフラッシュ径6.7㎜6.9㎜
マイク穴の径0.75㎜1.15㎜
ベゼル幅1.55㎜

名称は引き続き「Pro Max」を使用

このモデルの正式名が「iPhone 15 Ultra」になるとの噂が一部であることについて、同氏は今年はまだ「Pro Max」の名称が引き続き使用されるとも述べており、来年はiPad、Apple Watch、iPhoneのアップグレードなど、ハードウェア分野で大きな一年になるだろうとも述べています。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次