新型「MacBook Pro」と新型「Mac mini」、ベースモデルはSSDの読み書き速度が前モデルより低下していることが明らかに

本日、米国などでM2/M2 Pro/M2 Maxチップを搭載した新型「MacBook Pro 14/16インチ」と新型「Mac mini」が発売されましたが、MacRumors9To5Macによると、M2チップを搭載した「MacBook Pro 13インチ」と「MacBook Air」のように一部モデルではSSDの速度が前モデルよりも遅くなっていることが分かりました。

SSDのパフォーマンスが前モデルよりも低下しているのが確認されたのは、256GBのSSDを搭載した「Mac mini」と512GBのSSDを搭載した「MacBook Pro 14インチ」で、ベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test」でテストしたところ、「Mac mini (256GB)」は読み書き速度ともに約1,500MB/sで、前世代モデルに比べて30〜50%遅くなっています。

また、「MacBook Pro 14インチ」については、前世代のM1 Pro/512GBモデルは書き込みが3,950MB/s、読み込みが4,900MB/sだったのに対し、新型のM2 Pro/512GBモデルは書き込みが3,154MB/s、読み込みが2,973MB/sと、読み書き共に遅くなっています。

これは昨年に発売されたM2チップを搭載した「MacBook Pro 13インチ」や「MacBook Air」と同じで、NANDフラッシュメモリの数が同じ容量でも前世代までは2つ搭載(例:512GBモデルの場合は256GB×2個)されていたのが、新型では1つ(例:512GB×1個)になったことが要因で、「Mac mini」と「MacBook Pro 14インチ」ともに実際に本体を分解し、フラッシュメモリが1つになっていることが確認されています。

(M2 Pro搭載MacBook Pro 14インチの512GB NANDフラッシュメモリ)

大容量ファイルを扱ったりしない限りは体感速度の違いはあまり分からないと思いますが、気になる方はベースモデルは避け、SSDの容量を1つアップグレードすることをオススメします。

Apple公式サイト
Mac mini
MacBook Pro 16インチ
MacBook Pro 14インチ

M2 Pro/M2 Maxチップ搭載「MacBook Pro 14/16インチ」のSSDは書き込み速度が速いのが特徴
M2搭載「MacBook Air」は「MacBook Pro 13インチ」と同じく256GB SSDの性能と高負荷時のサーマルスロットリングが懸念事項に
M2チップ搭載「MacBook Pro 13インチ」の256GB SSD、実機テストでもM1モデルより遅いことが確認される
M2搭載「MacBook Pro 13インチ」の256GBモデル、SSDの速度がM1搭載モデルに比べて遅くなっていることが明らかに

1 COMMENT

匿名

またやらかしちゃったか
Mac miniはまだ分からなくもないが、MacBook Proでこれはダメでしょ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です